FX関連情報サイト

溶かした120万円を取り戻すまで

ダブルトップ・ダブルボトムの解説


ダブルトップ・ダブルボトムの解説を理解するのはとても簡単だと思います。はっきりいえば誰でも理解できることだと思います。例えばFXや株のチャートを見てみると下の方から、上の方へローソク足が移動しているのが分かると思いますが、時間の経過と共にある形を形成します。砂浜を通ってきて振り返るとハッキリと足跡が残っていますが、ローソク足は価格の足跡そのものです。山形の形は頂上がトップすなわち天井です。谷の底の方をボトムといい底から上昇して天井をつけまた下降してボトムをつけます。


ダブルトップというのは、頂上がが二つある山を思い浮かべるとわかり易いと思います。多くの場合この形が現れると、これ以上の上昇は望めないことが多く、売りのサインといわれています。株でも為替でもそうです。そして今度はダブルボトムの方ですが、谷底が二つ表れる形です。この形になると、底が入ったといわれ、買いのサインということになります。もうこれ以上は下がらないだろうということになり。目先の天井を越えて大きく上昇して行くことがあります。

photo by: Helga Weber
水曜日, 1月 30th, 2013 FXを戦略的に勝つ

コメントはまだありません。

コメントする