FX関連情報サイト

溶かした120万円を取り戻すまで

住宅着工件数 の解説


FXを取引する上で重要な指標の一つが、住宅着工件数です。この指標が持つ意味と、指標による取引の方法の解説をします。指標には相場を大きく動かす重要な情報がいくつかあります。住宅関連もその一つで、どこの国でも重要視されます。これは景気の先行指標といわれていて、住宅の着工件数が鈍ってくると先行き景気が悪くなってくるととらえられます。これは、消費が鈍ってくる場合一番高い買い物を控える傾向が高まるからです。


住宅関連の指標が重要度が高い理由は、それ以外の買い物に消費が波及する可能性が高いからです。家の家具類であったり家に合わせた買い物が必ずセットで期待出来ます。特に超大国の住宅関連の情報は重要で、数字が悪ければ投資向けの通貨は大きく値を下げます。大きな問題が起きて住宅の着工が少なかったときは経験をしたことのないような通貨の暴落が起きています。ただ天候などでブレが大きい指標ですので、移動平均線でトレンドをつかんでいくことが大切です。

photo by: br1dotcom
水曜日, 1月 30th, 2013 中級者以上のためのまとめ

コメントはまだありません。

コメントする