FX関連情報サイト

溶かした120万円を取り戻すまで

日銀政策金利 の解説


マネーサプライが増える事で景気も良くなりますが、景気回復を狙い銀行がお金を貸出す量が多すぎても逆にインフレやバブルになる傾向があります。需要が供給を上回り物価が高騰してくる訳です。逆に需要が少なすぎてもデフレになってしまいます。日銀政策金利はつまり金融政策で需要を調整して物価や景気のバランスを保つ事です。公定歩合の上げ下げの操作により金融緩和や金融の引き締めを行います。それから公開市場操作というオープンな市場で日本銀行が民間銀行へ債権や手形などを売買する事です。


日銀の買いオペレーションは日銀が民間銀行から債権や手形を購入しその代金相当のお金が銀行にわたり銀行はそのお金を貸し付けに回し市場にお金が増えるという金融緩和政策です。マネーサプライが増えれば金利が低下します。逆の売りオペレーションとは日銀が民間銀行へ債権や手形を売却し代金相当のお金が日銀に回収されるものです。銀行は日銀へ支払った分のお金を銀行間の市場で手当てする事で資金需要増大で金利が上がります。これが金融の引き締め政策です。これらのの解説で中心的政策は公開市場操作です。

photo by: hkarau
水曜日, 1月 30th, 2013 中級者以上のためのまとめ

コメントはまだありません。

コメントする